毎日更新ブロガーがYoutubeの参入を考察してみる【心理的ハードルの高さ】

どうもこんにちは。レンジ(@renge_vision)です。

今回は、毎日更新ブロガーである僕がYouTubeの参入をただ考えるだけの記事です。

レンジ
気が向いたら読んでみてください!

はじめたい人は多い

しかし心理的ハードルが高い

最近では、個人のチャンネルでも非常にクオリティの高い動画が多いです。そのため参入までの心理的ハードルはとても高く、僕のように「考えているだけ」の人が多くいるでしょう。

また既に多くの人が参入しているので、

 
その中でやっていくのは難しい

という不安も抱いています。

夢のあるリターン

ただ多くの人が認識している通り、うまくハマればリターンは青天井。ジャンルにもよりますが、登録者1万人もいれば生活していけるだけの収入は得られるといいます。多くの人が憧れるのは必然でしょう。

 
まさにYouTubeドリーム

そこで、YouTube参入のメリット・デメリットを僕なりに整理していきます。

関連記事

どうもこんにちは。レンジ(@renge_vision)です。   ブログの毎日更新を開始して 今日でちょうど1ヶ月(31日)が経過するので ここで毎日更新によって 得られた効果 思うこと […]

メリット

個人のコンテンツが強い

Google検索とは異なり、個人コンテンツが力を持っています。

例えば

「カメラ 綺麗に撮る」

というキーワードで検索した場合、ブラウザでは上位を全て企業のページが独占しています。

しかし、YouTubeでは逆に個人のコンテンツが検索上位を占めます。

これはエンタメ性を重視しているYouTubeの大きな特徴です。

再生自体が収益になる

また、YouTubeは再生自体が収益になることも大きな特徴です。

YouTubeでは動画再生型の広告が流れるため、単価がとてもたかくアドセンスだけでも大きな収益になります。

一方ブログでの主な収益は、ASPやアフィリエイトが大きくアドセンスはそれほど大きな収益にはなりません

トレンドのリターンが大きい

トレンドを掴んだ時のリターンがかなり大きいのも特徴です。

ブログはコンテンツの内容を重視している人が多いのに対し、YouTubeは投稿者を重視している人が多いです。これは、投稿者自体がコンテンツ化されているチャンネルが多く存在するためです。

レンジ
あなたも「〇〇さんだから見る」という経験があるはず
関連記事

どうもこんにちは。レンジ(@renge_vision)です。 最近切り抜き動画というものがものすごく注目を集めていることをご存知でしょうか? 今回は切り抜き動画について詳しく説明していきたいと思います。 切り抜き動画について […]

ブログとの相性が抜群

また、ブログとのシナジーがかなり大きいのも特徴です。

実際ブロガー出身のYouTuberもかなり存在します。

レンジ
あの古参YouTuber「カズチャンネル」のカズさんもブロガー出身

デメリット

道具が必要

「動画」であるため、必要な道具が多いです。

本当に最低限でも

  • カメラ
  • パソコン

が必要。その上動画編集は負荷が大きいため、それなりのスペックを要求されます。

関連記事

画素数=画質ではない   このカメラは画素数が高いから画質がいい そう勘違いしてしまっている方も多いのではないでしょうか? 実は、写真において画素数というものは高ければ高いほど良くなると[…]

製作時間が長い

動画のスタイルにもよりますが、動画編集に多くの時間が必要です。

社会人の場合は、ブログの更新だけでも大変なのに動画編集までするとなるとプライベートが全くなくなる可能性すらあります。

 
ヒカキンさんは7分の動画を6時間かけて作成するらしい

収益化までの道のりが険しい

収益化までの道のりがブログの比ではありません。

  • 直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 18歳以上であること
  • 広告掲載に適したコンテンツであること

上の2項目のハードルがかなり高い。

すでにクオリティの高いコンテンツが豊富にある媒体で、この条件をクリアするのは容易ではありません。

危険なコンテンツでもある

ブログのように、内容に誤りがあっても容易に作り直すことができません。

それによって「炎上」なんてことになってしまうと、個人情報が流出し人生に大きな悪影響を及ぼしてしまう危険性も孕んでいます。

さらなる自分との闘い

時間の切り売りよりもひどい

アルバイトはよく「時間の切り売り」なんて表現がされますが、大きな成果を出せていないブログはそれよりもひどい。

 
切り”捨て”ですね..

そんなブログを運営している僕が、YouTubeにまで手を出すなんて完全にプライベートを捨てるようなもの。ただ、YouTubeドリームを指を加えてみているだけなんて勿体無い。

レンジ
僕のケチくささ…出ちゃってますわ

まだまだYouTubeは廃れない

「YouTubeは10年後どうなっているかわからない」とよく言われますが、まだまだ廃れないと思います。

動画コンテンツはネット環境が進化すればするほど需要が増すもの。また、「動画」自体の息が尽きることは永遠にないでしょう。テレビが昔から好まれていたことを考えると納得できます。

レンジ
動画の形は変わりゆくかもしれないけどね
関連記事

どうもこんにちは。レンジ(@renge_vision)です。 皆さんはどのテーマを利用していますか? 今回は僕が愛用している有料テーマである「THE THOR」について解説します。 レンジ どのテーマを利用するか迷っ[…]

関連記事

どうもこんにちは。レンジ(@renge_vision)です。 おかげさまで、4月も無事に毎日更新を続けられました。 ブログの4月の月次報告をします。 スコア PV 2月 1,192 3月(15日[…]